interview

lostbudda
Toru Ishimine

ベースを愛し、音楽を愛する男
lostbuddaでも、重く、時には軽やかに、
その存在感を発揮する伊志嶺。
ベーシスト伊志嶺 亨の世界に迫った。(文/唐沢 晋)

 

唐沢 (以下 唐) はじめまして。
宜しくお願いします。

伊志嶺 (以下 伊)

どーもー、よろしくおねがいしますー

唐 それでは初めに音楽をはじめたきっかけを伺えますか?

 

伊 音楽を始めたきっかけは単純に学校内で
目立ちたかったってのが一番でしたね。笑中学校の頃に最初はギターから始めて、
ギターをやってる友人の家に集まっては
ギターを一日中弾いていたんです。
でもそいつがなかなか上手いやつで、
これはちょっと勝てないな」ってなってからは
ベースに転向しました。
高校に行ってからはメンバー集めてバンド組んだりなんかして。
青春ですね。笑

唐 いやー、青春ですね~
僕の場合もモテたいってのが始めたきっかけです。笑
僕はいわゆるFコードおさえれなくて
挫折したタイプですが… 笑
伊志嶺さんは、今までどういった
音楽活動をされてきましたか?

伊 これまで色々なご縁に恵まれて
沢山のバンドで弾かせてもらいましたね。
ポップス系からロック、R&B、
ブルースにジャズにフュージョン等
とにかく面白そうだなって
思ったら手当たり次第にやってました。
それが経験とスキルアップになると思って。
その他にもソロアーティストのサポート活動だとか、
アイドルのバックバンド、
オールディーズ界隈の箱バン経験もあります。
でもそういったことを10年以上続けてるうちに、
自分が本当にやりたい音楽ってなんだろう?
と悶々と考えることも多くなったんです。
それでついに音楽を辞めてしまった時期もあったりして。

唐 最近では音楽に対しての考え方が
変わってきたということですか?

伊 そうですね。
空白期間を通して音楽とは
自己表現だなと改めて思ったわけです。

当たり前のことなんですが。

そういう初心みたいなものをずっと忘れてたなと。
それと気の合う仲間との
コミュニケーションツールですかね。

唐 そういった気持ちを思い出したということは

空白期間も無駄ではなかったんですね。

伊 はい。
好きな音楽を好きな仲間たちと奏でる。
それだけで楽しいんです。
そういった思いで音楽を自然に
捉えられるようになったのは大きいです。
lostbuddaに出会ったタイミングは
まさに自分の中での音楽感の変化が起こった時期と
ちょうど重なってて、
lostbuddaの独特の世界観
だとかビジョンに共感して、
これだ!」
って思いましたね。

唐 なるほど。。。
lostbuddaは引き出しが多くないと対応するのが
むずかしそうだなと思いますので。
今までの音楽暦も全て今に生きていますね。
また伊志嶺さんは楽器マニアだと伺いました。笑
このまま楽器の魅力も教えていただけますか?

伊 僕はギターやベースをこの上なく愛しているんですが、
その魅力を一言で表すなら
「ロマン」
ですかね。笑
プレイを楽しむのはもちろんですが、
見てるだけでも十分楽しい。
世界でこれ以上美しい物体はないだろうなっ
て常々思うんです。
それとその楽器の持つストーリーだとか、
そういったことにも思いを馳せてしまいますね。
僕がメインで使ってるムスタングベースは
1969年製のビンテージものなんですが、
傷とかいっぱいでクタクタなんです。
でも「今まで沢山のステージで弾かれてきたんだろうな」
とか「この傷はどうやって付いたんだろう?」
とかって妄想しては、ロマンに浸ってます。

唐 ちょっと、僕にはそこまで理解できませんでした。笑
もう「楽器変態」ってやつですね。笑
KNGJRCKさんはエフェクターマニアだし、
lostbuddaおそるべしです。笑
では、音楽以外に影響受けたものはありますか?

伊 自分じゃ絶対に発想できたいことを
表現してる人を目の当たりにすると、
すぐ影響されますね。笑
音楽以外にも絵や写真、
動画や服飾なんかのデザイナーの方とか、
割と身近に面白い人居たりするんで楽しいです。
それと、僕はWeb関連の設計や組込み
なんかもやったりするんですが、
そういった分野からも多大な影響を受けてますね。
物事の仕組みだとかをロジカルに
俯瞰することはとても重要なことだと思っています。

唐 今後の自分のビジョンや挑戦したいものはありますか?

伊 個人的には今後の1番の目標は
シーンに寄り添った音楽Webメディア
を起ち上げることですね。
今でも面白いメディアは沢山あるんですが、
自分だったらこうしたいなとか思うこともあって。
今はその初期段階としてギターやベースに
関する情報メディアを運用しています。

唐 webが中心の時代ですからね。
まさに今やっている、
この対談もwebを通じて世界に発信されていますし。
次に、lostbuddaでの活動で
挑戦したいものについてもお願いします。

伊 先程話したことと密接に繋がるんですが、
シーンを確立させたいです。
ある種のムーブメントというか。

coffee houseより

 

UKロック・ムーブメントも
USヒップホップ・ムーブメントも
最初は小さなコミュニティの
ちょっとした遊びから始まったものだと思うんです。
それがかっこいいーってなって
どんどん輪が広がっていって
巨大なシーンになるのかなと。
音楽だけじゃなくて、色んな分野の方と協力して
面白いことを具現化していきたいですね。
lostbuddaってそういう雑食性がとても強いんです。
色んなモノやコトにすっと馴染むというか。
そうやって相乗効果をどんどん巻き起こせる
存在であり続けたいなと思ってます。

唐 いつもあたらしいことにチャレンジしてますよね。
またlostbuddaに参加して感じることなどあれば。

伊 みんな懐が広いですね。
人間的にも音楽的にも。
それぞれ色んな経験を通してlostbuddaに
参加しているんだなってのが
とても感じられて楽しいんです。
バンドという枠を飛び越えて、
僕の中ではlostbuddaというアートプロジェクトを
推進している仲間同士って感覚が強いです。

唐 本当にそういう感じですよね。
今後ますます楽しみです!
最後にひとことお願いします!

伊 これからもワクワクできることを
どんどん具現化させていきたいなと思っています。
一緒にシーンを盛り上げていきましょう!

伊志嶺 亨
・好きなお酒
ビール
・好きな映画
ライフイズビューティフル