interview

lostbudda  KNGJRCK

 

これはギターの音? もはやぼくにはわからない。笑
異色なギタリストKNGJRCK 「lostbudda」でなくてはならない存在。
音に対するこだわり。 KNGJRCKを掘り下げる。 (文/唐沢 晋)

 

唐沢 (以下 唐) はじめまして。
今日は宜しくお願いします!

 

KNGJRCK (以下 K) あ、はじめまして。
今日はよろしくお願いします。

 

唐  まずはじめにKNGJRCKさんはいつから
lostbuddaで活動されているのですか?

 

K えーと、、、たしか、、、2017年の春くらいでしたかね、、
MORIさんからお声掛けいただきまして、
lostbuddaに参加しております。

 

唐 それにしてもすごい機材ですね。
これはエフェクターといわれるやつですよね?
(エフェクター 音色を変化させる機材)

KNGJRCKのエフェクターボード1

 

K そうですね。
一般の方には あまり馴染みのないものだと思いますが。笑

 

唐 これ、どんな機能があるんですか?

 

K うーん、、、ひと言で言うのは難しいですね。
語り始めると制限時間を大幅に超えてしまいますから。笑

 

唐 それは困ります。笑
では一番お気に入りのものはどれですか?

 

K 毎日お気に入りが変わるので、
今のお気に入りでしたら、これですかね。

唐 これはどういった音が出るのですか?

 

K 基本的にはテープレコーダーみたいなものです。

 

唐 テープレコーダーというと、録音するものですか?

 

K はい。ただ、録音したものを再生する方法が変わってまして、
再生する長さや、方向、音程を自由に変えられるんです。

 

唐 よく分かるような、分からないような。笑
lostbuddaでは具体的にどの曲で使っているのですか?

 

K 1995や、lost highway、True Voice、 その男の結論とかで
たくさん使っています。
あまりギターっぽい音ではないですけどね。笑

エフェクターボード2

 

唐 lostbuddaのあの独特の世界観は
KNGJRCKさんのギターの音なのですね。
なかなか衝撃です。
KNGJRCKさんの音楽をはじめるきっかけや、
今までの活動などを教えていただけますか?

 

K 中学校でパンクの洗礼を受けまして、 バンドを始めました。
最初はギターではなくてボーカルだったんです。
空いてるパートがそこしかなくて。笑
それから高校生でもずっとボーカルでしたね。
その頃はカート・コバーンに憧れてました。笑

で、ギターを始めたのは18歳くらいからです。
At The Drive-Inというバンドがいるんですが、
彼等のライブを観たときに衝撃を受けまして。
片方のギターがギターを弾かないでずっと踊ってたんです。
あぁ、これならできるかも、、って思って。笑

ちなみにそのギタリストは オマー・ロドリゲスって言うんですけど、
僕がエフェクターを沢山使うようになったのは 彼が原点ですね。
オマーの足元も沢山エフェクターがありますから。

で、ギターを始めてからバンドを組んで、
テクノバンドやスカバンド、ポストロック、 プログレ、
ドローン、アヴァン・ジャズ、
エクスペリメンタルなんかを経て今に至ります。

バスキングでのKINGJRCK

唐 かなり幅広い……。
たしかにその幅の広さが
音源ひとつひとつに 現れているのだと思います。。
KNGJRCKさんの最近の
おすすめの音源などはありますでしょうか?

 

K  僕の最も敬愛するギタリストで、
Nels Clineという人がいるのですが、
彼のソロであるLoversはおすすめです。

ちなみに、見る人が見れば分かりますが、
実は僕の機材はほとんど彼からのインスパイアです。笑

Nelsと一緒にカルテットやデュオをやっている
Julian Lageのリーダーアルバムである、
Arclightもおすすめです。
Julian Lage Arclight

どちらもJazzの文脈で語られる両名ですが、
この作品は一般的にイメージされる
Jazzの枠では語りきれない 純粋に美しい音楽です。

あとはWilliam Basinskiの
The Disintegration Loopsを 最近また聴いてますが
この作品も本当に美しいですね。
未聴の方にはおすすめします!

 

唐 今後の目標などはあったりするのでしょうか?
個人でもバンドでも

 

K  目標といえるほどのものはないのですが、
生涯を通じてずっとギターを弾いていたいですね。
ミュージシャンぶるのが嫌いなんです。笑
生活に根差して音楽を奏でていたいですね。

 

唐 すばらしいことですね。
今後も私達に夢をみさせてください!

KNGJRCKさんから見る
lostbuddaのメンバー はどんな人達なのですか?

 

K  和也さんは凄く上手いですよね。
ただテクニックに寄るのではなく、
必要があればリズムを奏でる
機械になることもできる。
上手い人ほど個性を消すっていうのが
難しいと思うんですけど、
すごくナチュラルに切り替えができるのは凄いと思います。

濱さん(元メンバー)は熱い男ですね。
笑 ルーツは僕に近いと思うので
勝手にシンパシーを感じています。笑

MORIさんは、すごく純粋な方ですね。
芸術家肌です。 繊細さや情熱が楽曲に表れてますよね。
毎回作られる曲や、 森さんが持っているその楽曲への
アイデアへワクワクしています。
これからも、 いちプレイヤーとして、楽しませてください。

 

唐  KNGJRCKさんにとっての
lostbuddaとはどういうものですか?

 

K   lostbuddaは一般的な バンドという感じではないですよね。
ギターという楽器だけとってみてもいわゆる
一般的なギターの音はあまりしませんし。笑

バウハウス、ファクトリーのように文化や
ムーブメントになりうるものかなと思っています。
壮大ですけど。笑

私たち音楽隊はHipHopでいうところの
ラップやDJを受け持ってる感じですかね。
HipHopを構成する他の要素にグラフティや
ブレイクダンスがあるように、
音楽以外のものと共鳴しつつ
広がっていくものかなと思っています。

 

唐 ぼくも音楽の部分以外の刺激も多くもらっております!
もちろん音楽も刺激てきですよ!笑
最後にファンの皆様へ 一言いただいてもよいですか?

 

K  日頃からご声援ありがとうございます。
lostbuddaは全く新しい事をやっています。
このインタビューを見て、少しでも気になった方は 是非、
ライブやバスキングにいらっしゃってください。
僕のギターはギターらしくはないですけど笑

 

唐 今日は本当にありがとうございました。
今後もますますの活躍期待しております!

2018/10 インタビュー  撮影