-coffeehouse-
3/26 at   shibuya Roots

最初にコーヒーのイベントではありません。笑

この場所では普段の生活は忘れて。皆、アート、文化、
ファッション、映像、音楽、
各々の可能性について語り合い、
新しい仲間をみつけ、そこから新しいアイデアが生まれていく…
価値ある時間をみんなで共有したい。
そんな思いからこのイベントを企画しました。
このイベントが定期的に行われ、各分野の創造的なクリエイターが
ここから誕生していけばうれしく思います。

お気軽に足を運んでください。
また、気さくにお声がけください。

もちろんお目当てのアーティストの演奏を見にくるだけでもOKです!


Line-up

【lostbudda】
常に新しく実験的に、独自の世界観をミニマルに表現するアートチーム。
深海に沈んでいくような、幻想的で美しい世界観は必見。
今回はVJの雅春も参加。
見逃せない一夜になる。音源はこちらから

 

 

【UBelll  + Lata tap】
【UBelll】  フリージャズやホーメイなどを探求後、現在は北インド古典音楽をAmit Roy、Marina Amadに学んでいる。2016年からはナマステインディアに出演。マハトマガンジー150周年誕生祭ではバジャンを演奏し、インド外務大臣より感謝状を授与。音で遊ぶをモットーにサレガマパダニサ(Vocal, Esraj, Synth)http://www.im-creator.com/free/ubelll/ubelll

【 Lata tap】  
ジャンベ、カホン、ボンゴ、段ボール、豆腐等。
手で叩ける物はだいたい友達。
即興演奏を主戦場に悪の組織にタイコポゥアーで立ち向かいます。http://eqsoup.info/

【 kaetsu takahashi】  ギタリスト/コンポーザー。
様々な名義を使い分けながら属性に縛られない自由な音楽活動を続けている。ダモ鈴木(ex.CAN)の来日公演をサポート。国内及びドイツ、東欧のレ ーベルから音源をリリース。海外アーティストとのコラボレーション、 映像作品への楽曲提供、Remix なども行っている。空間を自在に操る特徴的なギターワーク、モーダルなアンビエントは時空を揺らめきながら映像的な世界を喚起する。

 

 

【 No’n】幼少の頃から音楽を中心に芸術に囲まれた環境で育つ。クラシックやジャズを経て、ロンドンで出会ったベースミュージックの影響で2003年より都内でDJ活動を開始。多くのシチュエーションで活動していく中で2011年より1年の渡仏、フランスを起点にUK、ドイツ、オーストリア等のクラブカルチャー先進国で多くのエッセンスを吸収し帰国。現在はTECHNO/HOUSE/DRUM&BASS/UK GARAGE/HIPHOP/BREAKBEATS/JAZZ/CROSSOVER/BASSMUSICなど幅広いジャンルからの柔軟な選曲とアート感すら覚えるパワフルなプレイで多くのオーディエンスを魅了し続けている

 

 

【euon】
イノウエヒロシ(Echoscape、cizima)による
コントラバス&エレクトニクスのソロユニット。

 

 

 

【 Perestroika】
打ち込みと歌。ニュース、地図、思考の冒険、社会主義から
インスピレーションを受けた私的な音楽づくりで声なきものの
シュプレヒコールを表現します。

 

 

Roots  MAP

 

TOP